昨日、シュプリームの話をしたら、昔を思い出し、懐かしくなったので当時よく聴いてたこの曲を。

不思議なもので、言葉の重みというか、歌詞の解釈が昔聴いてた頃と今は全く違うんですよね。

素晴らしい曲を残してくれた彼に感謝ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。