良いスーツの条件に、’艶’ というのがあります。

安いスーツはだいたい生地(素材)がポリエステルで作られていることが多いです。

ポリエステルとは人口的に作られた化学繊維であり、

たとえ加工できたとしても人工的なツヤにしかなりません。

一方、天然素材であるウール(羊毛)100%で作られたスーツは

天然素材ならではの自然なツヤがあり、とても上品です。

これは言葉で説明するより、実物を手に取って比較すると一目瞭然です。

見た目、手触りが全く違います。

ウールというと、冬だけに使用する素材のように聞こえますが

生地の厚さや織り方で着用する季節が分けられており、実は一年中使える素材なのです。

加えて伸縮性、保温性があり、シワになりにくい、などの特徴があるので

良いスーツを作るのであれば、ウールが非常にお勧めです。

美味しい料理というのは、良い食材を使い、職人が丹精込めて作るからですよね。

洋服にも同じことが言えます。

良い素材を使い、良い仕立てや縫製で、丁寧に作られた洋服は、着心地も違うし見た目も美しくなります。

だから僕はお客様にオーダースーツをお勧めしているのです。

でも、それにはもう一つ大きな理由があるから。

それはまた次回お話しさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。